投稿

ISSEをSierraで使えるようにする

ISSE(an Interactive Source Separation Editor)というフリーのソフトがあります。
ISSE
名前の通り、混ざった状態の音声ファイルからPhotoshopライクな操作で簡単に音を分離することができます。
便利です。よく使っています。
ですが、OSがSierraになったら起動しなくなりました。
仕事に差し障りがあるので何とか使えるようにしました。
正しいかどうかはわかりません。やってみるかたは自己責任でお願いします。
方法自体は簡単です。
必要なもの libc++.1.dylib
多分App store からXcodeをインストールする必要があるのかな?
/usr/lib/ にありました。
やりかたダウンロードして普通にアプリケーションにISSE.appをインストールします。Finder でISSE.appを選択、右クリックで「パッケージの内容を表示」/Applications/ISSE.app/Contents/Frameworks にある libc++.1.dylib をゴミ箱に移動/usr/lib にある libc++.1.dylib を /Applications/ISSE.app/Contents/Frameworksにコピペ  これで ISSE.appが以前と同じように動くようになりました。

スピーカーを作りたい 2.仕様

イメージ
ざっくりと、どんなスピーカーにするかを決めていきます。

ユニット数とインピーダンス 前の記事で一つの箱あたり二個のユニットとにするかなと考えたので偶数で。
メーカーさんの「8個でラインアレー作ったぜ」という作例があるのでそれにならって8個ということにしようかな。
問題はインピーダンス。一個8 Ωのユニットを
二個直列して四並列して4 Ω。4個直列して二並列して 16 Ω。 なんだけど、どっちにしようかな?それぞれメリットデメリットがあります。
4 Ωにすると:
大きい音が出る。たいがいのアンプで単体でしか使えない。ユニットの個体差、空間のつくりの違いに影響されやすく、壊れやすいかも? 16 Ωにすると
音が小さい。4台まで並列できる。ユニットの個体差、空間のつくりの違いに影響されにくく、壊れにくいかも? 使用法としてはほぼ単体でしか使わないので、4 Ωかなとも思うのだが、一応、16 Ωで作ろうかな?
密閉 or バスレフ? 密閉で作る、というのも有りかも。と思いつつバスレフでいこうかな。
作りやすさを考えて背面ポートで。

放電器作ってみた

イメージ
充電池は追充電しないようにしよ の続き。
放電器が一個しかないので、作ってみました。
まだ試作ですけど動いてます。

技術的なことはこちら。

スピーカーを作りたい 1.動機

そもそもラインアレーがいい理由自作する意味 そもそも 本舞台公演とともに宴会場などでのアトラクション、ライブがあるのですが、そいつを充実させたい。
歌や踊り、パフォーマンスを楽しんでいただき、俳優の魅力身近に感じてもらって、劇場に足を運んでいただきたい。
SNSで拡散していただきたい。
ラインアレーがいい理由 現状、域内の宴会場などのライブスペースはまともな音響設備がなく、ある程度ちゃんとしたことをやろうとすると、仮設で仕込まなければいけません。
また、
天井が低いか、横幅が狭い奥行が結構ある ので、音場調整もやっかいです。
ハウりやすい。オペも必要。
ラインアレーならハウりにくいし遠達性もあるのでいいのでは?
自作する意味 安い 買うと結構高いです。
でも、構造は至ってシンプル。要するに昔のトーンゾイレ。作ってました。
最近、それ用に使える小口径ハイパワーのユニットが比較的安価に手に入るようになりました。
壊れにくい構造にする 同業者からよく聞くのが「切れやすい」。
共通して「たいしてパワーをかけてないのに一発だけ切れる」といいます。
かつてのトーンゾイレもそんなでした。
同じ負荷がかかっているはずなのになぜ?
当時は個体差だと思っていました。今は別の考えです。
一つの箱に複数のスピーカーユニットがついていると、中で音が共振して、場所によって違った仕方で後から押したり引いたりされることになります。
場合によっては、一つのユニットに最悪全部のユニットの力がかかる可能性があります。
スピーカーが動く方向に押された場合、ボイスコイルの電気抵抗は下がるのでもし並列接続だったら電流が流れすぎて熱破壊、そうでなくても可動範囲を越えて物理破壊しやすい。スピーカーが動く方向と反対に押された場合、ボイスコイルの電気抵抗が上がり、直列接続ならかかる電圧が上がって熱破壊しやすい。 そういう眼で各製品を見ると、どれも大概一つの箱に全てのユニットが入ってます。
これは切れやすいかも。もちろんテストはしてるのでしょうが…高いのに直ぐ切れちゃったらやだな。
切れない程度に分けて箱に納めれば解決することだと思います。手間とコストを考えれば、2 in 1かな…
検証する ラインアレーすごい! 万能! …みたいなことはありません。
ユニット同士干渉させて指向性を得ているので、指向内だと思っても周波数特…